iPad mini5のケースとガラスフィルム

今回、iPad mini5を買ってケースとガラスフィルムについては非常に悩みました。

最近は、エレコムのドラゴントレイルガラスにはまっているのですが、iPad mini5用は発売されておらず、他のガラスも「これは!」というものがありませんでした。

ケースについても純正品がなく(スマートカバーはありますが)、発売前の時点では純正スマートカバーと一緒に使えるケースがありませんでした。

そこで、私が今回選んだのは、ESR製のケースとガラスフィルムでした。

ESR iPad Mini 5 2019 ケース 薄型 PU レザー スマート カバー キズ防止 クリア ハード 背面 ケース 三つ折り スタンド オートスリープ ウェイクアップ 機能 iPad Mini5(第五世代) 専用(ネイビーブルー)がタブレットケースストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け...
ESR iPad Mini5 2019 Mini4 ガラスフィルム 高度透明 3倍強化 旭硝子 9H スクラッチ防止 気泡防止 自動吸着 貼り付け枠付き iPad Mini5/Mini4通用 保護フィルムがタブレット用保護フィルムストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、...

ESRのケースについては、iPad mini2、iPad Air2でも利用しており、もともと好感を持っていましたので安心して買うことができました。

ヘッドフォンやマイク、スピーカーの穴もまったくずれなく、ライトニング部分は大きく開口しているので、端子の太いライトニングケーブルでも全く問題がありません。

ESRのガラスフィルムについては初めて買いましたが、ずれ防止の枠も付いており楽々貼れるような仕組みがとられていました。

製品紹介文を読む限り、旭硝子の耐衝撃ガラスが使われているということで、ドラゴントレイルと似たようなものなのかな?と理解しています。

普通のガラスフィルムは、貼った後に埃等が見つかり、端っこから持ち上げると曲がったり、接着のシリコン層が剥がれるのか、高い確率で端っこが浮いてしまうという問題がおきることがありますが、このガラスはホームボタンの切れ目から数回持ち上げて、セロハンテープでペタペタ埃取りをしても、浮き上がることはありませんでした。

このガラスフィルムでの注意点は、前面カメラの穴がないことと、ホームボタン部分が○型のくり抜きではなく、U字になっていることです。全面カバーさせたい人にとっては少し不満が残るかもしれませんので、ご注意ください。

スポンサーリンク
Pocket Tabletの記事内広告(レクタングル大)




フォローする

スポンサーリンク
Pocket Tabletの記事内広告(レクタングル大)