mineo(Sプラン)の感想

9月4日よりmineoのSOFTBANK回線の受付が開始されました。

この記事ではmineoのソフトバンク回線を使ってみての感想を書いていきます。

VoLTEに対応していない

最初に悲しいお知らせです。

mineo(Sプラン)のSIMはVoLTEに対応していません。ですから、音声は3Gとなりますし、音声利用時の通信回線は3Gとなります。

悲しいことに、最近ソフトバンクでは3G帯域がだいぶ狭くなっているようで、うちでは900MHzの5MHz分しか割り当てられていないようでした。すなわち、音声通話中の通信は非常に遅いということです。


上り速度が非常に遅い

またまた、悲しいお知らせになります。

これはmineoに限った話ではないのかもしれないのですが、私が使う環境では上りの通信が異様に詰まっています。

下りはそれなりに出るのですが、上りの反応が異様に遅く、webの読み込みも非常に遅いです。この辺はどうにか解決してもらいたいところです。

SIMの種類が多すぎる

ソフトバンクは、端末ごとにSIMが異なるという嫌味をいわれるほど、意味不明なSIMロックをかけています。

そのため、ソフトバンクのSIMロックがかかった端末をMVNOで使えるようにするためには、その分SIMを用意する必要があります。

この点でmineo自体には責任のない話だともいえるのですが、mineoの注文フォームが非常に誤りを生みやすく、私はソフトバンク用のiPhoneのSIMが欲しかったのですが、結果としてSIMロックフリー用のSIMを注文してしまいました。

幸運なことに私の手持ちの端末はすべてSIMロックフリーとなっていましたので問題はありませんでしたが、もう少しわかりやすいフォームにしてもらいたいと思いました。

でも、半年間無料はありがたい

これは、事前予約していた人への特典なのですが、今回注文したSIMは、6ヶ月間の料金が無料(音声500MB選択時)となっています。

まだ利用者が少ない現時点でも微妙な感じになっていますが、事前予約した人はエントリーパッケージを買って6ヶ月だけ試してみるというのはアリだと思いました。

…ただ、現状のまま改善されないのであれば、6ヶ月でやめると思います(苦笑)。

スポンサーリンク
Pocket Tabletの記事内広告(レクタングル大)




フォローする

スポンサーリンク
Pocket Tabletの記事内広告(レクタングル大)