iPhone 7のケースを買いかえました。

iPhone 7で使っているSpigenのネオハイブリッドのフレームが割れてきていたので、ウルトラハイブリッドを買い直しました。

このケースの特徴は、Spigenのケースにしては珍しく、背面が透明なプラスティック板になっていることです。

そのため、他のケースに比べて裏面からの落下には弱いのかもしれませんが、iPhoneのディテールを損ないません。実際のところ、衝撃については側面にしか対応していない気がします。

ただ、iPhoneの破損の多くが、落とした際に斜めからフレームに衝突して、ガラスが割れるというようなものだということを考えると、これでも十分なのかもしれません。背面についてもiPhone 7の場合は、割れることはまずなくへこみに対する対応さえできていれば問題ありません。

装備が薄い分、ケース自体の重量はだいぶ削られていて、タフアーマーやネオハイブリッドに慣れていると「軽っ!」と感じます。

もともと、私はiPhone 3Gの頃からパワーサポートのエアジャケットを使っていたぐらいなので、傷さえつかなければ問題ないと考えていたはずなので、タフアーマーやネオハイブリッドは重装備すぎたみたいです(笑)。

スポンサーリンク
Pocket Tabletの記事内広告(レクタングル大)